第14回講演会・親睦会について - 担当者より

今回の集まりでは新しい試みが3つあります

ひとつ目は、会場を都内に設定したことです。これまでは横浜を中心に開催していましたが、今回は神奈川以外の方が参加しやすいようにと、都内に場所を移してみました。都内はもちろん、北関東や千葉などからも、ぜひ多くの方に参加していただければと思います。

ふたつ目は、親睦会の進め方です。これまでも親睦のための時間を設けていましたが、主催者も素人で不慣れなため、成り行き任せのことが多かったです。今回はベテランのソーシャルワーカーである樋口さんにおいで頂いて、より活発な形で交流を進めていきたいと考えています。どうか皆さんのご協力をお願いいたします。

みっつ目は、小児脳腫瘍経験者の方に体験談のお話をしていただくことです。子供の立場からどう病気と向き合ったのかなど、親同士では判らないことも伺えるのではないかと思います。

心のモヤモヤにも効きます

「日頃周りの人には話せないことを、今日は皆さんと話し合うことができて、心が少し軽くなりました」というようなコメントを毎回多くの方から頂いています。今回も参加した皆さんにそうした気持ちなって頂ければと願っています。

治療中の方もぜひお越し下さい

今回は「初期治療を乗り越えて」というテーマにしたため、「治療中だから参加しづらい」という方もいらっしゃるかも知れません。でも参加者の多くはみな辛い状況を経験されてきた方達ですから、きっと暖かいアドバイスをしていただけることと思います。一人で悩まれているかたはぜひ参加してみてください。

お申し込みをお待ちしてています

詳細はこちらをご覧ください。